翻訳で世界を繋ぐ☆

年々上がっていく機械翻訳の精度

機械翻訳といえば、少し前まではろくに使い物にならなかったものです。
日本語の文章を英語にするのはある程度できても、英語の文章を日本語に訳すときにはかなりボロボロになってしまっていたのです。
意味の分からない日本語ではない何かが出力されるケースが多く、実用的というには程遠いものだったのです。
しかし、最近はいろいろな研究の成果も組み込まれて、精度は大幅にアップしてきています。
普通に外国人の人と機械翻訳を通してコミュニケーションをとることも可能で、スマホで利用できるものもあるので、旅行時にも使えるようになりました。
精度はどんどん上がってきていて、今後数年すればもっと素晴らしいツールになると考えられています。
さらに数十年すれば、誰もが英語を勉強しなくても、ツールを使って英語でコミュニケーションが取れるようになると言われています。
つまり、機械翻訳が進歩すれば、もう日本人が英語に苦労をしなくてもいいようになるのです。
大変素晴らしいことなので、大勢の人たちがどうにかして精度をアップさせようと考えています。
いろいろな工夫をしなくては、性能がアップしていきませんから、官民共同での新技術の開発が待たれています。

漫画を翻訳するにはストーリーやキャラクターの理解が大切です

翻訳とは、外国語を日本語にしたり、日本語を外国語にすることを言います。
本や漫画、雑誌などを訳したり、会議での会話を訳したりします。
ニュアンスが大切なので、どう訳すかによって内容に影響します。
特に、日本の漫画はその傾向が顕著に表れます。
海外で発売時には、英語や中国語など現地の言葉に訳してから書店に並びます。
漫画の中には、セリフ以外にも場面を表す擬態語や擬音語がコマの中に書かれているので、それらの表現も訳す必要があります。
擬態語や擬音語は日本語独特な表現があり、適切な外国語に訳すにはスキルが要ります。
その漫画のストーリーに合ったニュアンスの単語をピックアップしていきます。
原稿を作るときには、文字のフォントにも気を遣います。
登場人物のキャラクターに合わせたフォント選びを行います。
ナレーション部分には硬いイメージのフォント、可愛らしいキャラクターのセリフには丸い文字のフォントを使います。
日本の漫画は縦書きでセリフが書かれますが、外国語は横書きが基本です。
コマに合わせてセリフを打ちだし、漫画のシーンに合わせてフォントの大きさも決めます。
叫んでいるシーンでは文字を大きくするなど、ストーリーに適する大きさに変えます。

pickup

入会金や追加料金が発生しない宮崎のフェイシャルエステ。

フェイシャルエステ 宮崎

圧倒的な通信コストの削減を実現いたします。

通信コスト 削減

評判の印鑑専門店です。

印鑑 通販

2017/8/23 更新